「コロナ」から生活を守る。

「コロナ」から生活を守る。

 

 

画像1

 

こんにちは、医師&医療経済ジャーナリストの森田です。

今年の4月にこんなnoteを書きました。書き出しはこう。

_____


先日ある友人からこんな言葉を聞いた。

「人は家畜になっても生き残る道を選ぶのか?」

一人の医師としてこの言葉を聞いたとき僕はすべての思考がストップしてしまった。友人との会話中でなければ泣いてしまったかもしれない。

_____

元記事はこちら↓↓

 

 

実は、この「人は家畜になっても生き残る道を選ぶのか?」という言葉を投げかけてくれたのが、この本「健康から生活を守る」の著者・大脇幸志郎先生だったのです。

その時から、この先生の視点はすごいな〜!!と思っていたわけですが、この本を読んでその思いを再認識しました。医学的データのオモテも裏も知り尽くしているからこそ、その効用も限界もしっかりと認識されていて、そしてその事実をとても人間的で温かい文章で伝えてくれる。大脇先生、半端ないです。

こういう本は、EBMとかエビデンスとか、そういう科学的で格好良く見えるものに触れる時、特にそういうものに触れていわゆる「エビデンス厨」になりやすい若い時期に読んでおくべき本ですね。いや、若手だけでなく、「ついつい善意から医学的正解を押し付けてしまいがちな我々医療従事者」の全員に読んでいただきたい。

 

内容は大体こんな感じ。

・ナッツは痩せる。赤肉と加工肉は大腸がんを増やす。トランス脂肪酸は心血管疾患を増やす。そんな話は全て、事実の半分に過ぎない。肉を食べても食べなくても、大腸がんにはなるかもしれないしならないかもしれない。統計的に若干の差があったとしても、自分一人の人生で実感できるほどの差ではない。それよりも長年にわたって食べ物に気をつける負担の方がはるかに大きい。にもかかわらず、都合の良い面だけを取り上げれば、あたかも世のため人のために役立つ知識のように見えてしまう。

・根拠とやらをでっち上げるのは実にたやすいことだ。

・天然痘の根絶、ビタミンC、抗生物質、X線、クロルプロマジン、フルオロウラシル、イマニチブ…ここには書ききれないほどの進歩が、現代の私達を病気から(ある程度)解放した。だが、そういう種類の業績はまれにしかない。言葉を飾って手柄を大きく見せているもののほうがはるかに多く、そちらはファッションと言わなければ説明がつかないのだ。ファッションだから、権威付けに熱を上げるし、他人と競うことにも夢中になる。正しい医学とやらを広めたい人は悪者を見つけるのが大好きだ。反ワクチン、水素水、血液クレンジング。確かにどれも嘘には違いない。筆者もワクチンは打ったほうがいいと思う。けれどもこういうニセ医学の大半は毒にも薬にもならないものだ。(中略)たいした害ないものにいちいち目くじらを立てるのは、「正しい医学」も大して違わないと白状しているようなものだ。
以上、本文より抜粋

 

 

ゾクゾク来ますね。心当たりはありませんか?僕は大いにあります!(-_-;)

 

そしてまさにコロナ禍の今、この問題提起は非常の大きな意義があるでしょう。

手洗い・アルコール消毒・ソーシャルディスタンス・ロックダウン…これらが感染拡大を〇%減らすとか、もっともらしいデータを積み上げ、『日本全体の経済をストップさせる』という歴史上かつて経験したことのない絶大な強制力を我々医療従事者は発揮してしまいました。

その結果はどうだったのでしょう?
そこに統計的に若干の差があったとしても、自分一人の人生で実感できるほどの差はあったのでしょうか?そしてそれはしっかりと検証されているのでしょうか?「あのときはそれで仕方なかった」などと自分たちに都合のいいように解釈して、ろくに検証もしていないのではないでしょうか?

 

そう、僕ら医療側の人間は、医学や科学やデータの笠を着て、誇大な幻想を社会に提供してしまっていたのかもしれない。医学定期正解というよく切れる刀で、患者さんの生活を、もっと言えば社会全体を「健康」で支配しようとしていたかもしれないのです…。

その薬・検査・手術・予防…100%近く効くのか、50%くらいなのか、10%なのか、はたまた1%しか効かないのか…。そもそものリスクはどれくらいだったのか…。

そんなことを言語化出来ずに悶々としていた僕にとって、「健康」から生活を守る、というこの本はもうなんというか、複雑な形の心の穴にピッタリハマってくれた最期のワンピースみたいに感じられたのです。ぜひぜひ皆さんにも読んでいただきたい!

コロナ禍の今、エビデンスに振り回されがちな僕ら日本人全員が、「生活を取り戻す」ために必要な本ですね。

 

ご購入はこちらから↓↓

「健康」から生活をまもる 最新医学と12の迷信amzn.to
1,782(2020年09月05日 09:13時点 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する

 

 


 


 

 

 

 

 

☆コメントを書かれる際は実名と所属をお書き添え下さい。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    仲村 洋祐 (水曜日, 09 9月 2020 11:18)

    森田先生、はじめまして。

    先生が本文で紹介してくださった大脇先生の著書は読んでおりませんが、コロナ騒動が始まってからも私はほぼいつもと変わらない生活を続けております。
    私は9年前の地デジ化でTVと決別し、ラジオは元々聴かない、新聞は購読していない、雑誌は以前から健康不安煽りをしていた為目を通さないので、情報源はインターネットのみです。
    インターネットも明らかなデマや信用できないデータや情報が溢れかえっておりますので冷静に分析するように心がけました。
    その結果、新型コロナは風邪よりも厄介だがインフルエンザよりも厄介ではないという結論に達し、習慣づいている手洗い&うがいを今まで通り行なう、生活はいつもと同じで過ごしております。
    敢えて外食の機会を増やし、大打撃を受けた飲食業界に少しでも助けになればという行動はしていますが。

    私が今危惧している事は、重症化や死亡のリスクが他の年齢層より高い高齢者が支持基盤(票田)である都道府県知事や区市町村長が高齢者を守る(票田を失ないたくない)という大義名分のもと、己の権限を振りかざしたり、地域のイベント事を安易に中止にしたり、信憑性に欠けるPCR検査拡充、よそ者を受け入れない風潮ができてしまった事です。

    あとは年収が多く、今後無収入でも一生生活に困らない生活基盤がある著名人が相変わらず自粛を推奨しているのも気がかりです。
    ミュージシャンのYOSHIKIは小池都知事と安倍首相にTwitterで緊急事態宣言を出してと再三提言しておりましたし、元サッカー選手の中西哲生は他の都道府県に行くべきでないと言い続けております。
    YOSHIKIも中西哲生も過剰に怯えている富裕層の身勝手さが為せる発言をしているとしか思えませんでした。
    一般国民の生活や、過剰反応した事による被害を想像できないのでしょう。

    駄文を長々と書いてしまいました。
    森田先生のような見解を持つ人が増える事を願っております。