医師・患者コミュニケーション

コロナワクチン、打たない夫と打った妻。
コロナワクチンを打つか打たないか。価値観の相違はどうやって解決するべきか。 夫婦関係から医師患者関係を交えて、多様性を受け入れること、味方でいられることの重要性について考えます。
専門家がゼロコロナを目指してしまうのは構造的問題であることを「取引の2類型」で確認した話
専門家がゼロコロナを目指してしまう構造的問題を、ちきりんさんのリノベ本にある「取引の2類型」から考えてみます。

妻と女子会から、「傾聴」「共感」「承認」のスキルを教わった話です。これは医師患者関係だけでなく、すべてのコミュニケーションに共通のスキルなのもしれません。
大事なのは、『患者さんの味方になる』こと。自分の事を信頼してくれて、支えてくれる。そんな人の言葉でないと本当に心には響かないんだよ。 トットちゃんのエピソードから、研修医の指導までを考えます。

禁煙・食事・運動…どんなに頑張ってもなかなか改められない人が多いものです。頑張って説明しても患者さんにもわかってもらえない。 そんな時どうしたらいいのか、研修医との会話の中で考えてみました。
週刊誌などでも「薬は飲むな!」というキャンペーンを見ます。医師として、自分の記事でも「薬の限界」を語ることのある身として伝えたいことを書いておきます。

医学は理系の分野と言うイメージが一般的ですが、意外にも文系の要素が多いのではないか、という記事です。 南日本新聞の「南点」に掲載されたものです。
医学的に正しい処置を患者が拒否した場合、医療従事者はどうすればいいのでしょうか。高齢者医療・在宅医療を通じて現役医師・医療経済ジャーナリストの森田洋之が論じます。

不登校の子供たちをどう考えるか。 社会全体で考えるべき問題について。