在宅医療・家庭医療・地域医療

南日本新聞「南点」連載の感想をいただきました。
重度障害で寝たきりの木村さん、船後さんが国会議員になられました。それが画期的である、その意義を解説します。

児童虐待、不登校の子供、成人の引きこもり、高齢者の認知症…。その問題の上流にあるものは何でしょうか。医療はその最下流で処理をする処理班で、決して医療がこれらの問題を解決してくれるわけではありません。
令和元年の参議院選挙で寝たきりのふなごさん木村さんが当選しました。でも……それってどんな意味があるの?とお思いの方も多いと思います。今回は現役医師の森田がその本当の意義とその裏にある日本現状をお伝えします。

入院と在宅…その選択は誰が決めるのでしょうか?病院?医師?介護施設?ご家族?ご本人?様々な専門職が関与するこの世界で一体誰が主導権を握るべきなのでしょうか。 南日本新聞「南点」R1/7/12に掲載のDr.森田の記事(1回目)です。