未来に残すべき『価値あるアイデア』を。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 南日本ヘルスリサーチラボは、医療・介護を中心に地域社会を総合的に研究・分析する総合研究機関です。

 「インサイダーながらステークホルダーたらず」をモットーに、既存の企業や利益団体とは一線を画した、自由で独立した活動を目指しています。

 

 研究対象は、地域の医療(在宅医療・専門医療・救急医療・予防医療など)、介護(在宅介護・施設介護・各介護職の職域・待遇など)、生活の質、人口の推移、平均寿命・健康寿命、また各領域に対する医療費・介護費、コストパフォーマンスなど。

 

 さらには医療・介護分野にとらわれず、教育・文化活動・ソーシャル・キャピタルなど、地域社会の幅広い事象を対象とした研究・分析まで行っています。

 

 研究組織としての制約はありません。ラボでは、理念を共有したメンバー各個人が、それぞれ自由な研究活動を通じて、自由に意見交換をする場を提供しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 




NEWS

2018 12/3

 

書籍「在宅医療カレッジ」が12月18日発売決定しました。代表・森田も執筆陣に加わっております。

 

2018 6/8 up

 

代表・森田の新刊「医療経済の嘘」が本日発売になりました。

 

2018 5/24 up

 

「あおいけあ流介護の世界」の台湾での出版が決定しました。

台湾出版記念として、森田代表のブログにて「あおいけあ流介護の世界」の無料公開(最初の50ページ)が始まりました。

http://www.mnhrl-blog.com/entry/aoicare-muryoukoukai/2018/05/21/

2018  4/24 up

 

森田代表が、7000字の詳細なプロフィール記事を書きました。
https://note.mu/hiroyukimorita/n/n2a799122a9d3

2018 2/20 up

 

代表・森田がレターポット・VALUにて、医療相談を開始すべく活動をはじめました。

2017 11/3 up

 

森田代表のブログにて、「破綻からの奇蹟〜いま夕張市民から学ぶこと〜」の無料公開(最初の50ページ)が始まりました。

http://www.mnhrl-blog.com/entry/muryou-koukai/2017/11/03

2017   4/1 up

 

代表・森田が「鹿児島県 参与(地方創生担当)」に就任いたしました。

もちろん、当ラボの活動もこれまで通り継続いたしますので、今後共よろしくお願い申し上げます。

2016   10/11 up 

 

 森田代表の著書

 

「破綻からの奇蹟

いま夕張市民から

学ぶこと〜」が、

 

日本医学ジャーナリスト

協会優秀賞!!

を受賞しました。ご支援ありがとうございました!!

2016   8/31 up 

 

あおいけあ流介護の世界 表紙写真

おかげさまで
Amazon

ベストセラー1位 !!

(介護部門)

 

あおいけあ流

介護の世界

 

 

森田洋之・加藤忠相 著

 

爺ちゃん婆ちゃんが輝いてる! 
職員がほとんど辞めない! 
施設で職員の結婚式も! 
最期は家族のようにお看取りまで…

…辛い・暗いの介護のイメージをくつがえす
「あおいけあ」流介護の世界。
加藤忠相を講師に迎えた講義形式で展開
される講義の受講生は

おなじみのYさんとN君。

マンガ・コラム・スタッフへの

インタビューなど盛りだくさんの

内容でお送りする、
まさにこれが目からウロコの

次世代介護スタイル。

超高齢化社会も、これがあれば怖くない! 





定価1000円
(税込1080円)

 

・クレジットカード(簡単・安全のPayPal経由)

・銀行振込(ゆうちょ可)             

 

 

にて当ラボより発送いたします。(送料無料!)

2016  5/8 up

森田医師の京都大学講義風景


 

 

南日本ヘルスリサーチラボ

代表 森田 洋之

医師

医療経済ジャーナリスト

南日本ヘルスリサーチラボ代表

鹿児島県 参与(地方創生担当)


 横浜生まれ、一橋大学経済学部卒、

宮崎医科大学卒。

元北海道夕張市立診療所所長。

 

平成23年、東京大学大学院

H-PAC千葉・夕張グループにて

夕張市の医療環境変化について研究。

  

平成26年、TEDxKagoshima出演。同年、研究論文

夕張市における高齢者一人あたり診療費減少に対する要因分析

(社会保険旬報 NO.2584, 2014.11.1)発表

 

平成27年「破綻からの奇蹟〜いま夕張市民から学ぶこと〜」

を南日本ヘルスリサーチラボより出版。

 

平成28年、加藤忠相氏と共著で

「あおいけあ流 介護の世界」を同ラボより出版。

同年、「破綻からの奇蹟〜いま夕張市民から学ぶこと〜」で

日本医学ジャーナリスト協会 優秀賞を受賞。

 

平成29年、鹿児島県 参与(地方創生担当)就任。

 

 

プロフィール詳細はこちら

https://note.mu/hiroyukimorita/n/n2a799122a9d3

 

講演例

 

 

 

厚生労働省幹部向けセミナーにて

「夕張市の医療介護の変化の概要」講演

 

 

 

財務省研究会にて夕張の医療費の変化について講演

 

 

 

鹿児島市伊敷台商店会主催新年会にて市民講演

 

 

 

日本薬剤師学術大会シンポジスト

 

 

 

愛と結の街(高齢者介護施設)講演会 「医療と介護の連携」

 

 

 

ホスピタリティ☆プラネット主催市民講演会 

 

 

 

国際医療福祉大学・乃木坂スクール講演

 

 

 

銚子市にて市民向け講演

「病院がなくなっても幸せに暮らせる夕張市民」

 

 

 

川内薬剤師会新春講演会 「これからの薬剤師の役割」

 

 

 

KFP(鹿児島大学学生サークル)にて講演

 

 

 

Health2.0  (2016) にて講演・シンポジスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TEDxKagoshima 講演

「医療崩壊のすすめ」

 


 

 

 

 

 

 

 

 

京都大学にて特別講義

「〇〇〇が多い県に住むと医療費が2倍に!? 」


研究員

 

 

 太田 博見 

(医療法人仁慈会 太田歯科医院 理事長)

 

平成元年 鹿児島大学歯学部卒・同大学院入学

平成4年 曽山歯科勤務

平成9年 太田歯科医院開院

 

 

 

 




中原 宏和

(旭川医科大学学生・元夕張市立診療所事務次長)

1989年札幌生まれ、北海道大学経済学部卒。

新卒で僻地診療所(夕張市立診療所)

に就職するという暴挙に。

その後医師を志し、

南日本ヘルスリサーチラボの研究生兼

森田の書生として受験勉強に励む。

現在旭川医科大学の医学生。


講演・調査依頼

その他お問い合わせ

 

 

 

・南日本ヘルスリサーチラボへの調査依頼

・各メンバーへの講演依頼

・病院経営・行政機関などコンサルティング依頼

 

などを受け付けております。

 

代表のブログで募集中の

「困りごと・お悩み相談」もこちらでお願いします。

 

 その他、当ラボへのご意見などもお待ちしております。

お気軽にお問い合わせ下さい

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です